栄養素

肝臓にやさしいしじみの力

肝臓は私たちの体にとって非常に大切な働きをします。
それは解毒作用です。
体外から取り入れられた毒物を体が摂り入れることができるように分解してくれるのです。

逆に言えば、肝臓が弱ってしまえば病気になりやすいということです。
そして肝臓は、ずっと働いているので疲れてしまいます。
それで癒しが必要になってきます。
肝臓を癒してくれるものの一つに、しじみがあります。
しじみがどうやって肝臓を助けてくれるかと言うと、アミノ酸のうちにタウリンが肝臓によく働きかけてくれます。

これにより、肝臓の機能が再生されたり、解毒作用を活発にしてくれます。
そうです、しじみ生活が肝臓を修復してくれるのです。
とりわけお酒を飲む人は意識的にしじみを摂取するべきです。
お酒を飲むということは、アルコールを分解するために、肝臓が普通の時以上に働きます。

それが毎日となれば、相当、肝臓に負担をかけていることになります。
肝臓が損傷してしまうわけです。
分解しきれないと、二日酔いとなるわけです。
ですから、お酒を飲む人は意識してしじみを摂取することが大切になってきます。
良質のアミノ酸がたくさん含まれているしじみを摂取することで疲れた肝臓に癒しを与える子とができるのです。

このページの先頭へ